Company 会社案内

沿革

1930年 創立者・岡部健夫が東京銀座にオカベ美容院を開業。
戦前には東京に5軒、静岡、上海に美容院を経営するかたわら、セフテイの前身となる美容材料卸業を創業。パーマネントウエーブを美容院のメニューに取り入れ、電髪パーマ用のパーマを開発する。
1941年 太平洋戦争。美容での電力使用が禁止される。
1945年 終戦、米国によりチオグリコール酸を主剤にしたコールドパーマが日本国内に流通するも、戦後2~3年は電気の代用として、カイロ灰やカーボン、木炭を使用して電髪パーマを施術。
1947年 日本初のコールドパーマネントウェーブ剤「シャネラート」を開発。
1948年 日本初の液体シャンプー剤「ランリーシャンプー」を開発。
1950年 日本初の液体ヘアカラー剤「ランリーヘアカラー」を開発。
1959年 フランスの美容専門メーカー、パリ・ペルマ社と技術提携締結。
1977年 第1回セフテイ全国ワインディングコンテスト開催。
1982年 ペルマエドニルトレトマンパルフェ発売。
1989年 セフテイ美容センター(渋谷区代官山町)へ本社移転。
2012年 川之上学 代表取締役社長に就任。
2014年 現在地(渋谷区猿楽町11-8)に本社移転。

セフテイ沿革